アクセスカウンタ

お墓ディレクターの歌声

プロフィール

ブログ名
お墓ディレクターの歌声
ブログ紹介
こんにちは 竹田石産(有)代表の竹田英司です
香川県坂出市で墓石と不動産、パワーストーンの販売をしています。
1級お墓ディレクター資格を取得し、採石元の伊予大島石が主力商品です。
以前は東京でリクルート社に勤務、主に不動産情報誌に携わった関係で、地元不動産情報サイト「さかいで☆うたづスマイるnet」を開設し、不動産仲介にも注力し始めました。

丸亀高音楽部、関西学院グリークラブ、リクルート混声合唱団と合唱にどっぷり浸かり、今は地元の男声合唱団「グリークラブ香川」に所属しています。
韓流歴史ドラマが大好きで、中国などのアジア方面には
仕事も含め年2回ペースで出かけてます。
Twitter(@ejtake)でもつぶやいてますので、よろしくお願いいたします。


竹田石産
http://takeda-sekisan.jp

さかいで☆うたづスマイるnet
http://sakauta-smile.net/

twitter ejtake

facebook  http://www.facebook.com/eiji.takeda
zoom RSS

一時、ブログをお引越ししています。

2012/02/10 09:42
実は、最近ブログをアップするサーバーを変更してます。

biglobeさんも特に悪くはなかったのですが、まあ時流に乗って

お試しで一時引っ越ししてみました。

2012年以降はこちらをご覧ください。


http://ameblo.jp/eiji-takeda/
記事へトラックバック / コメント


墓地の雑草対策

2011/12/17 15:43
先日、お客様のご要望で、墓地内の雑草刈りをしてきました。

作業順序は以下の通り


雑草を根っこごと抜く

     ↓

防草用の固まる土を敷き詰める

     ↓

水をかけ、乾いたら上部に玉砂利を乗せる

画像











コンクリートで固めてしまう方法もありますが、

これだと水が浸み込まず、水量によっては巻き石内が水浸しになってしまいます。

防草土なら水は浸み込みますので、その心配はありませんが、

数年でひび割れし、そこから草が生えることもあります。

また、巻き石や墓石と密着している隙間、飛散してきた種などによる発芽は

どうしても避けられませんので、毎年、草刈り・草枯らし剤の散布など、

手入れは必要ですよ。
記事へトラックバック / コメント


道は"突然"開ける。

2011/10/24 08:05
道は徐々には開けない。
突然開けるのだ!


中谷彰宏さんの言葉です。
この言葉、最初知った時はものすごく印象に残りました。
それ依頼、私の行動指針の一つになっています。


努力してもその結果が見えてこない間は、
モチベーションが続かないもの。
でも、突然開けることもあることを認識していれば、
多少なりとも継続できる気がしました。

確かにダイエットや学習のように、
突然効果が現れないものもあれば、
大きな受注や人の出会いなど、
幸運がいきなり降ってくるものもあります。


中谷さんが言いたいことは、
そういう時のために、日頃から努力し、
十分受け入れ準備をしておけということ。

今までもなかなか結果がついてこない時、
このフレーズを思い起こして自分を鼓舞してきました。
おかげで今の幸福があると思っています。

これからもこの言葉、大事にしたいと思います。
記事へトラックバック / コメント


日本がギリシャになる日

2011/10/20 20:33
ギリシャの国民が緊縮財政案に怒ってます。

まあ、あれだけの観光資源と歴史がありながら、お金と上手に付き合えなかったのは確かに政治が悪いです。

そういう意味では日本だって三流政治だから、将来の日本もこんな時代がくるかもしれません。

さすがに火炎瓶が飛び交うことはないでしょうが、ウソつき政治家に力技で反抗する時がきっとあるような気がしています。

そんな時がやってきたら自分は何をしているのか?

デモや反乱に加わるのか、逆にその火消し側になっているのか?


できることなら…


争わないで済むような準備をしておいて、嵐が過ぎ去るのを待っていたい。

ちょっと平和主義すぎますでしょうか(⌒-⌒; )




ギリシャ共産党は主張する
楽天ブックス
もう一つの世界は可能だそれは社会主義だ! 活動家集団思想運動 星雲社 星雲社発行年月:2010年02

楽天市場 by ギリシャ共産党は主張する の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へトラックバック / コメント


雇われること、雇うことについて

2011/10/18 00:45
僕の仕事のポリシーとして、今後人に雇われることも雇うこともしたくない。

別に人嫌いというわけでもないし、自分にマネジメント能力が著しく欠如しているとも思わない。

実際、某大手企業でも10年問題なく勤務していたし、

採石業をやっていたころは11人もの人を雇用していた。

何万人もの社員を雇っている大企業のトップになりたいと夢見たこともある。


でもいろんな経験を経て価値観が変わった。


人の上に立たなくていい。お金はほしいが、一生で使い切れないほどでなくていい。

とにかく誰にも気兼ねせず自由が一番だと思えるようになった。



雇われて自由がなくなるのは勿論だが、雇っていても不自由になる。

決済事や悩みは多くなるし、自分の時間が他人を気遣う時間に取られるのが惜しいのだ。


仕事はその時々で一番都合の良いパートナーと組めば、まずできないことはない。

自分で処理できないような難易度の高い仕事は、責任取れないので申し訳ないがお断りする。

今、嫁と母親を含めた3人の役員のみで経営しているが、お墓と不動産業なら十分こなせられる。

また、自分が仕事ができなくなった時も、家族が路頭に迷わないように十分準備もしているつもりだ。


どんどん人を雇って会社を大きくするのは、もちろんスゴイこと。

零細企業のひがみのように聞こえるかもしれないが、

とにかくも僕は残りの人生を物理的・精神的に自由を満喫したいと思っている。
記事へトラックバック 0 / コメント 3


甥っ子が来た!

2011/09/22 00:04
今日は松戸から妹と2歳の甥っ子が来ました。妹は勤務医なのだが、祖母の葬式にも台風で帰れなかったため、三連休前にまとめて休みを取ったらしい。

3月の震災時、福島原発が爆発した直後に甥っ子だけ1ヶ月間坂出に避難させた。効果があったかどうかは分からないが、少なくとも妹夫婦の心配はいくらか低減したのではないか。

3月ではドアを開閉させることが大好きだった甥っ子も、今ではテレビの歌や踊りに興味があるらしい。
言葉はまだ不明確だが、一生懸命アピールしてくる。

可哀そうなことに彼にはお祖父さんが二人とも存命しない。
また、両親の高齢を考えれば一人っ子になることも可能性大だ。

お節介かもしれないが、せめて僕が祖父替わりを務めて、寂しい子供時代にならないようにしてあげたいと思っている。
記事へトラックバック 0 / コメント 1


祖母の葬儀

2011/09/08 08:09
先週2日未明に祖母が亡くなりました。
前日、夕方に病院から連絡があってその約12時間後に静かに逝きました。

本来なら、翌日3日(土)に通夜、4日(日)葬儀という流れなんですが、
なんと4日が友引で葬儀ができず、2日通夜・3日葬儀という超過密スケジュールになってしまった。

しかもその両日とも台風12号直撃で、大嵐

上海にいる従兄弟は飛行機が飛ばず、
東京の妹は高松上空まで来たものの空港に降りれず、そのまま羽田へ引き返し

そんなドタバタの中でしたが、近くにいる親戚の皆さんは駆けつけてくれて
無事、両日とも実施することができました。
喪主としては、こんな悪天候で来てくれた人に感謝感謝です。

ばあちゃんの顔は、病院にいるときとは違ってツルツルでした。
棺桶には大好きだった栗饅頭をたくさん入れてあげたので、
冥土の旅もおやつには事欠かないでしょう。



ばあちゃん、じいちゃんとおとんとあの世で一緒に楽しく過ごしてくれよ
記事へトラックバック 0 / コメント 3


続きを見る

トップへ

月別リンク

お墓ディレクターの歌声/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる